アース&ecoコンクリートマガジン <2009年 春号>

  • 1,800円(税抜)
気候変動や生態系保全、循環型社会の構築など地球環境問題に関する情報とともに、それらに対応したecoコンクリートの技術・製品・工法と建設業の動向を伝えます。 経験豊富な実務者による技術の解説やケーススタディ、気鋭の研究者からの論説、ユーザーや発注者からの意見・評価など、施工会社やメーカーと発注・設計者、ユーザーの情報共有を促すことで、環境にやさしいコンクリート・建設技術の普及と発展を応援します。
定価:本体1,800円+税

<主な内容>
 ■巻頭インタビュー ポーラスコンクリートがもたらす都市のアメニティ・癒し・景観など
   元近畿大学教授・(株)ECI−KU代表取締役  玉井元治氏


 ■特集 コンクリート用スラグの基礎知識
   コンクリート用スラグの基礎知識 −総論− 立ち読みする
   コンクリートに用いる高炉スラグについて −セメント・混和材・骨材としての使用− 立ち読みする
   コンクリート用フェロニッケルスラグ骨材 立ち読みする
   コンクリート用銅スラグ細骨材 立ち読みする
   コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材 立ち読みする
   コンクリート用溶融スラグ骨材 立ち読みする

 ■Ecoなコンクリートメーカー登場

 エコアクション21でリサイクル・省資源経営めざす


 ■「EIEN」の長寿命メカニズムと その適用事例立ち読みする


 ■ecoのPoint

 注目集める生物多様性 2010年、愛知・名古屋でCOP10開催
 ■めざせエコピープル!

 eco検定(環境社会検定試験)合格対策講座
上部へ戻る